名古屋から行けるナイトプールはどこ?2021年最新ラグーナテンボス(愛知)情報!

名古屋から行けるナイトプールはどこ?2018年最新ラグーナテンボス情報!

名古屋から行けるナイトプールはどこにあるのでしょうか?探してみました!

愛知県内にはラグーナ蒲郡・ラグーナテンボス(愛知県)しかナイトプールはありませんでした。

この記事では、ラグナシアのナイトプールの行き方、混雑状況、駐車場情報、入場料、レンタル浮き輪などの値段もまとめています。

インスタ映えが話題のナイトプール。2021年の今年も映えること間違い無し!

ナイトプールには日焼けしない、暗いので水着でも恥ずかしくない、などメリットもいっぱいです!2019年の夏もナイトプールで盛り上がりましょう!

2021年最新ラグーナテンボス情報もあります!

名古屋近郊でナイトプールが楽しめる施設はどこ?

私もナイトプールに行きたくて、いろいろ検索してみたのですが、愛知県内でナイトプールが楽しめる場所はラグナシア(ラグーナテンボス)しかないようです。

名古屋市内にナイトプールは今の所はありません。

なのでこの記事では、人気のナイトプールが楽しめるラグーナテンボスの『ラグナシア』について、オープンしている期間や、料金などお得な情報をお届けします。

ナイトプールをめいっぱい楽しむための情報をお届けします!!

ラグナシア(ラグーナテンボス)ナイトプールの詳細

では、ラグナシア(ラグーナテンボス)ナイトプールの期間から見ていきましょう!

 

ナイトプールオープン期間

■8月7日(土)~8月15日(日)
11:15~ 13:15~ 14:15~ 15:15~

■8/16(月)~8/31(火)
平日 11:15~ / 14:15~
土日祝 11:15~ / 13:15~ / 14:15~ / 15:15~

■9/1(水)~9/26(日)
土日祝のみ開催 11:15~ / 14:15~

遊泳時間 18:00~22:00※時期・曜日により異なる プール営業カレンダー
場所 ラグナシア園内(ジョイアマ―レの浜辺・ルナポルト・セイレーンの泉・やどかりさんの海)

昼間のお客さんとの入れ替えがあるため、入場は基本18時からです。

 

ラグナシア(ラグーナテンボス)の料金

種類 大人(高校生以上) 中学生 小学生 幼児(3歳以上)
ナイトプール付入園券 1,500円 1,400円 1,000円 700円
ナイトプール付パスポート 2,800円 2,700円 2,300円 1,500円

 

この夏は脱毛に行く~小学生から脱毛サロンに通う子が続出~早くやればその後の人生が楽になります♪

名古屋からラグーナテンボスへのアクセス

公共交通機関で行くか、車で行くかどちらかになります。

名古屋からJRで行く場合

名古屋駅からJR東海道本線(快速)約40分で蒲郡駅に着きます。

JR蒲郡駅からラグーナテンボスまでは無料のシャトルバスが出ています。所要時間は15分です。

蒲郡駅からラクーナデンボスまでのシャトルバス

蒲郡駅からラクーナデンボスまでのシャトルバスは、公式サイトで時刻表が見られます。

蒲郡駅からラクーナデンボスまでのシャトルバス時刻表

名古屋から車で行く場合

名古屋ICから東名高速道路(約35分)→音羽蒲郡ICよりオレンジロード・247号中央バイパスを経由し直進→ ラグーナテンボス(約20分)

※駐車料金が1,000円かかります。

↓↓↓プールに行くなら除毛でスベスベ肌に↓↓↓


光るアイテムのレンタル・購入料金

名古屋から行けるナイトプールはどこ?2018年最新ラグーナテンボス情報!

●光る浮き輪・・800円(レンタル料金)
●光るボール・・1,080円(販売のみ)
●光るドリンク・・1,000円(グラスは持ち帰りできます)
●光るTシャツ・・3,500円(販売のみ、税別)

光るアイテムはインスタ映えの必須アイテムですね♪

浮輪の持ち込みは長さが2mまでなら、大丈夫です。エアーコンプレッサーもあって便利です!

※ナイトプールへのご入場は16歳以上の方限定。16歳未満の方は入場できません。
※ラグナシア入園後、追加料金+400円でナイトプールを利用できます。


まとめ

今回の記事では、ラグーナテンボスのナイトプールについてまとめました☆

みなさんぜひライトアップされた夜のプールをお楽しみください!

error: Content is protected !!