ららぽーと名古屋みなとアクルスに行ってきた!レポートです!

ららぽーと名古屋みなとアクルスの内覧会に行ってきましたのでレポートします!

ららぽーと名古屋みなとアクルスは長久手イオンくらいの規模感かと思っていましたが、想像以上に大きくて、入っている店舗もよく魅力的なショッピングモールでした!

この記事では、ららぽーと名古屋みなとアクルスの魅力をお伝えします。

ららぽーと名古屋みなとアクルスの概要

ららぽーと名古屋みなとアクルスは、217店舗が出店-ららぽーと最大の「大広場」も!

ららぽーと名古屋みなとアクルスは上記プロジェクト第1期の核として出店。

店舗棟は地上4階建一部2階建で、店舗面積は約59,500㎡、延床面積約 124,700 ㎡。

立体駐車場棟(津波避難ビル指定)は地上6階建

延床面積は約45,500㎡。層テナント数は217店舗。

施設コンセプトに「ヒトを繋ぎ、トキを紡ぐ “コネクトモール”」を掲げ、東海3県初のららぽーとに相応しい施設を目指す。

名古屋市の主要幹線道路「江川線」に接する「ウェルカムアプローチ」には、東海地方初となる代官山モデルの生活提案型複合書店「名古屋みなと 蔦屋書店」が。

バスやタクシーの発着の場となる交通広場、フォトスポットが整備されています。

東海エリア初の蔦屋書店がイイ!

東海エリア初の蔦屋書店の中にはスタバや雑貨店が多数入っていてお洒落です!

会計前の本を三冊までテーブルに持ち込んで読むことができます!広くて開放的です。

同じ建物の二階にはレストランもあります^^

朝8時からやっています。ランチが食べられるお店もあるので、半日くらいは過ごせそうです。

無料の子どもの遊び場が整備されているもの嬉しいですね!

レストラン・フードコートも充実

ららぽーと名古屋みなとアクルスには、1階にフードコートとレストラン街、3階にもフードコート、蔦屋書店の建物にスタバ、二階にレストランがあります。

飲食店は充実していて何度も通わないと制覇できそうにありません。

ゴールデンハンバーグも出店!

ケンタッキーの食べ放題レストラン!

東海地区初のケンタッキービュッフェレストラン ららぽーと名古屋みなとアスクル店も!

夕飯時は早くに発券を中止するお店も多かったです。

まずは予約してからお買い物!

1階レストランはEPARKの予約発券システムを採用しているので、先に予約してからお買い物すると時間を有効利用できて良いです!

特別招待会の夕方は2時間待ちは当たり前だったので、まずは、予約した方が良いです♪

一番の行列は「Gong cha」

台湾ティー専門店「Gong cha(ゴンチャ)」は台湾での誕生以来、アジアを中心に世界で1300店舗超を展開する世界有数のティーブランドです。

ドリンクを買うのに、大行列が出来ていましたよ!

ららぽーと名古屋みなとアクルスは、グルメファンも納得の店舗がたくさん入っています!

何度も通わないと食べ切れそうにないので、楽しみが増えました。

オープンからしばらくは混みそうですが、飲食目的でも行く価値はありそうです♪