名古屋市農業センターのしだれ梅まつり2022はいつからいつまで?見頃と開花時期まとめ

名古屋市農業センターのしだれ梅まつり2020日程はいつからいつまで?

名古屋市農業センターdelaふぁーむのしだれ梅まつり2022はいつからいつまで?しだれ梅の見頃と開花時期をまとめます。

愛知県名古屋市天白区にある名古屋市農業センターは昭和40年に開設され、しだれ梅の名所として全国にも有名です。

この記事では、名古屋市農業センターのしだれ梅の2022年の開花時期と見頃、しだれ梅まつりの日程と駐車場、臨時駐車場について書いていきます。

名古屋市農業センターのしだれ梅まつり2022日程はいつからいつまで?

名古屋市農業センターのしだれ梅イベントである『しだれ梅まつり2022』の日程は

令和4年2月23日(水曜日・祝日)から3月21日(月曜日・祝日)まで

  (注)令和4年3月14日(月曜日)は休園日です。

しだれ梅まつりの開催時間

 

開催時間:09:00~16:30

名古屋市農業センターのしだれ梅2022年の見頃

名古屋市農業センターのしだれ梅の開花は2月半ばから3月の半ばで、見頃は2021年は3月8日くらいでした。

2022年の開花と見頃も例年通りかと思います。

3月4日は『咲き始め』です↓↓

 

名古屋市農業センターと新聞の報道によると、2022年のしだれ梅の満開と見頃は3月12日(土)と13日(日)だそうです。

週明けの14日(月)からは雨も予想さてるいるようです。

名古屋市農業センターのしだれ梅は梅の品種が多いので、見頃の時期が長いのが特徴です。

しだれ梅園は1周約20分に10種類700本の梅が咲き誇ります。

名古屋市農業センターのしだれ梅の開花情報自動音声ダイヤル

名古屋市農業センターのしだれ梅の開花情報は、自動音声ダイヤルで知ることができます。

電話番号は052-801-5221です。

しだれ梅まつり期間中のお休みの日

本来月曜日定休ですがしだれ梅まつりの期間中は無休です。

令和4年3月14日(月曜日)は休園日です。

しだれ梅まつりの楽しみ方

しだれ梅まつりはいろいろな年代の方が楽しめます。

動物とのふれあいはお子さんに人気です。鶏、牛、豚、ヤギ、ヒヨコなどがいます。ヤギと羊に1回100円で餌をあげたりできます。

土曜日の1時半頃からひよこに触れます。

しだれ梅まつりの時は大道芸人もきていますよ。

ヒヨコの展示室では年中孵化をしておりいつ行っても生まれたてのかわいいヒヨコを見ることができるので癒やされます。

園内はペット入場不可です。

名古屋市農業センターのグルメな食事

農業センターの中の、農業指導館内に簡単なレストランがあります。

園内で名古屋コーチンを飼っているので食堂で名古屋コーチンの玉子を使った食事ができます730円でした。

3/10は名古屋コーチンの日なので、期間中は屋台にもお値打ち価格で名古屋コーチンの唐揚げや焼き鳥屋が出ていますおいしいですよ。

しだれ梅まつりの期間は、広場にフードコーナーができた り、キッチンカーなども出ています。

ミルク工房のジェラートはセンターの牛乳で作った自家製アイスクリームで美味しいです。またしぼりたての牛乳は冬場は温めてもらえます。

名古屋市農業センターのしだれ梅まつりの駐車場や穴場駐車場についてはこちらでまとめています。

名古屋市農業センターのしだれ梅まつり2020の無料駐車場と穴場臨時駐車場と混雑まとめ

キッチンカーの出店日

名古屋市農業センターの園内には軽食を販売するキッチンカーが出店します。

2022年は13日までと、19日から21日に出店します。

14日は休園です。


名古屋市農業センターのしだれ梅まつり2022見頃と開花時期まとめ

名古屋市農業センターのしだれ梅は700本も植えられていて大変綺麗で、日本有数のお花見スポットです。遠くからでも見に行く価値がありますよ。

まつりの会期中はイベントも盛りだくさん!

農業センターで育てている鶏卵や野菜も購入できて、農産物の直売も人気です。

毎年しだれ梅の開花を心待ちにしている方も多い、お花見にもってこいのおすすめスポットです!

満開の見頃の時期は、車も渋滞し駐車待ちも出ますが、いく価値はあります。できれば朝一番に入るのがよいです。

春のしだれ梅だけでなく四季の花々がきれいでいつ行っても楽しめます。2022年もぜひ農業センターへ行ってみて下さい。