新舞子マリンパーク「ブルーサンビーチ」2019の海開きはいつ?

新舞子マリンパーク「ブルーサンビーチ」の海開きはいつ?

愛知県で人気の海水浴場といえば新舞子マリンパーク「ブルーサンビーチ」が人気です!新舞子マリンパーク「ブルーサンビーチ」の2019年の海開きはいつなのでしょうか?調べてみました。

マリンパーク「ブルーサンビーチ」は人工で作られた長さ400mのビーチですが、きれいで名古屋市内からも近くて人気の海水浴場です。

この記事では、新舞子マリンパーク「ブルーサンビーチ」についての海開きの日時、駐車場の料金、アクセスなどの情報をまとめます。

新舞子マリンパーク「ブルーサンビーチ」の2019年の海開き

新舞子マリンパーク「ブルーサンビーチ」の海開きは、

2019年6月29土曜日~9月1日日曜日

です。
お問い合わせ:0562-56-3980

公式サイト:http://www.marine-park.jp/used/index.html

新舞子マリンパーク「ブルーサンビーチ」の基本情報

  • 砂浜幅 :400
  • 利用者数(年間) :160,000人
  • 時期 :6月下旬~9月上旬

地図

住所:〒478-0000 愛知県知多市緑浜町

アクセス

電車

名鉄常滑線「新舞子」駅下車、西へ徒歩約10分

 

国道155号(西知多産業道路)の日長IC(江口)下車→西へ、T字路を左折

市道(サービス道路)を南下し

新舞子グリーンラインを渡って直ぐのところにあります。 (インターチェンジから約2分)

駐車場

浜開き期間中及び土・日・祝日は、駐車料金を一回500円

午前5時に開門し、午後9時には閉門するので、それ以外の時間の利用はできません。

新舞子ファンブリッジ(新舞子側)、新舞子グリーンライン(南浜ふ頭側)の2つの橋の出入り口門扉は、午前5時に開門し、午後9時には閉門しますので、ご注意ください。(但し、魚釣り施設は午前5時15分から午後8時迄)

新舞子マリンパーク「ブルーサンビーチ」の特徴

知多市の新舞子にあって、名古屋から最も近いビーチです。約400メートルの砂を敷き詰めた人工海浜「ブルー・サンビーチ」は、人工といっても本格的なビーチです。

花火、バーベキューなど、火気の使用はできません。

犬の放し飼いはできません。(必ず短いリードを使用)

浜開き期間以外は泳ぐことはできません。

広大な芝生広場もあり夏は海水浴、1年を通じて16万人もの人が、ピクニックやスポーツを楽しみに訪れます。

専用のバーベキュー施設もありますし、一日過ごせます。内海のように渋滞しないのが良いですね!

産業道路を通って行かれる方は、白バイが速度制限の違反を重点的に取り締まっているので、注意して下さいね。

こちらの記事も人気です♪

↓↓↓
ココナッツビーチ伊良湖の海開きはいつ?
内海海水浴場の海開きはいつ?2018年駐車場情報や料金の詳細
名古屋から行けるナイトプールはどこ?2018年最新ラグーナテンボス情報!